シェアする

ドスパラさんで、SteamVR(HTC Vive)を体験してきました。【感想/考察】

先日、ドスパラさんでSteamVR(HTC Vive)を体験してきました。

そこで30分ほど体験させていただいた時の、感想や考察などを書いていきたいと思います。

VIVEは世界で一番評価、信頼されているバーチャルリアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイです。動画、ゲーム、教育などのおすすめVR体験ソフトや本体の値段を確認するには、オフィシャルサイトへ。
スポンサーリンク

圧倒的な覗き込んでる感

HTC Viveについてはこちら

「圧倒的な没入感」と、ViveのHPでは謳われています。が、個人的には「圧倒的な覗き込んでる感」だ と感じました。

数分間やったくらいでは、その世界に僕はいるんだ!! と錯覚することはありませんでした。

しかし、「ゲーム次第では錯覚することはできるな」とも感じました。

まず、体験したのは、購入時にSteamVRに無料でプレイ可能なミニゲーム集「The Lab」です。

その中でも、「Postcards」と「Longbow」を体験しました。

Postcards

風景を眺めるだけのVRなのですが、「おお~」とは思ったもののそこに居る感は薄かったです。

足下に、犬(のようなもの)が居て、落ちている棒を拾って投げると、犬が拾って持って帰ってきてくれるという ちょっとした要素があるのですが、これがめちゃめちゃ楽しいです。

また、コントローラーも、直感的に扱うことが出来るのでゲーム慣れしている人であれば簡単に扱うことが出来ました。

Longbow

人もどきが、城門を破壊しようと次々と襲いかかってくるのを弓矢で撃退するゲームです。

このゲームのすごい と思ったところは、「弓を引いたときに、コントローラーが微妙に振動し、”引いている感”を感じられる」というところです。

また、弓を射る位置も、“少しだけ自分で動いて調整できる”というルームスケールVRの強みを感じることが出来ました。

これらの”ゲーム”をしている時は、割と没入感はある

ゲームのプレイ前に、世界を眺めているだけでは”この世界に居る”ということを感じることは出来ませんでしたが、プレイ中は没入感はあります。

当然と言えば当然ですが、プレイに必死になるので周りの世界のことなどあまり考えないからです。コントローラーの性能/トラッキングも、かなり良いと感じました。違和感がありません。

なので、”圧倒的な没入感”はゲームの開発陣がいかに作り込むかにかかっています。

ディスプレイの解像度も気にならない程度ですし、Viveに責任は無い と感じます。

体験中のプチ悲劇

VR体験をさせていただいたブースの近くに窓があり、時間帯的にそこから西日がすごい当たっていました。

なので、ものすごく暑かったです。また、トラッキングも不正確になりました。

視界が灰色になったり、ワープしたり……。店員さん曰く、「太陽の光がトラッキングに影響してると思う。夜だとこんなことは無い。」とおっしゃっていました。

ゲームの楽しさを半減してしまう出来事でしたが、10分ほどで雲のおかげで西日も当たらなくなったので、その後は快適に遊べました。

ゾンビが360度から襲ってくるのを撃退する

「The Lab」を体験した後は、ゾンビが360度から襲ってくるのを撃退するゲーム、「The Brookhaven Experiment」を体験しました。

コントローラーのトラッキングがめちゃめちゃ正確な故に、遠くの敵に当てるのは至難の業です。ちかくに引き寄せて撃てば当たりやすいのですが、割と怖いです。リアルですね……。

360度から襲いかかってくるので、振り返ったらに近くに居た時は、「おおっ」となりました。

360度ゲームは、コードが邪魔

Vive最大の難点として、コードが邪魔です。

特に、360度ゲームではクルクル回ることが多いので、体に巻き付いてしまいます。

今回は、ドスパラさんの店員さんが、”おつき”をしてくださっていたので、コードをうまく回してくれていたのですが、一人でやる時は……。

解決策として、上からコードを垂らすというのがあるそうですが……。

わりと眼鏡も邪魔(?)

僕は眼鏡をかけているのですが、VRを体験するとき、眼鏡は付けたままその上にディスプレイを被ります。

よほど大きなものを使っていない限りは、問題なく使えるのですが、眼鏡があることで、目とディスプレイ(正確にはその前にあるレンズ)との距離が開くので、没入感が少し落ちている……? と感じました。

ズバリ、今買うべきか?

VRを買うために、僕はGTX1070を買ったわけですが、もう少し待っても良いと思います。

今急いで買うべき理由は特にありません。完璧とはまだ言えませんし、不十分な点も感じ取れます。それらが解決されるのに長い時間がかかる とも思わないので、数年待てばもっと良いものが買えると思います。

ただ、「数年もあれば10万円なんてすぐに貯まるぜ!!」というなら、買った方が良いです。VRは面白いです。楽しいです。

急いで買わなければ!! となるのは、「キラーコンテンツ」が出てきたときだと思います。

VRのゲームはまだまだ、”ミニゲーム”にすぎません。

そして、「キラーコンテンツ」が出やすいのは、PCのVRよりもPSVRの方が可能性が高いです。多くのゲーム開発会社(特に国産は)が、PSVR用のゲームを開発していると聞きますし、なによりネームバリューのあるタイトルが、VRで出るのはPSVRです。

PC版も出る可能性はありますが、”おま国”されるかもですし……。

とは言いつつも、多分僕は今年中に買ってしまいます。物欲を抑えきれない人なので……。

まとめ

  • VRを体験してきました
  • 圧倒的な没入感ではなく、圧倒的な覗き込んでる感
  • ただし、ゲームプレイ中は没入感あり
  • 開発陣がいかに作り込むかにかかっている
  • Viveはコードが邪魔すぎる
  • 眼鏡は注意が必要
  • 今すぐ買うべきでは無い。待っても良い。
  • とは言いつつも、物欲を抑えきれない僕は買ってしまうでしょう

ペンギンさんの一言

ほんとうに、作り手がすごい重要だと感じた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top