シェアする

【内職/工作/梱包におすすめ?】自動テープカッター(手動)を買ってみたのでレビューします。

内職や工作、梱包作業や事務作業などで大量のセロハンテープが必要となることはないでしょうか?また、1つずつ切っているとかなり面倒なうえ、腕が痛くなってきませんか?

誰もが思うであろう、自動でテープ切ってくれるやつとかないかなー……?

ありました。「自動テープカッター」という商品を見つけたので物は試しと買ってみることにしました。

スポンサーリンク

自動テープカッターハンドル回すだけで一気に6枚分カット!包装・梱包・工作などにとっても便利♪ 

Amazonで、1399円のようです。僕が購入したときは800円くらいで買えたのですが、人気のため品薄なのでしょうか……?(適当)

少し高めの値段設定ですね。

使い方を確認すると……?

amazonより

Amazonの商品紹介画像に、詳細な使用方法が書かれていました。

ふむふむ。「ハンドルを回して自動的にテープを切る」んですね。なるほど、自動とは一体……。自動ハンドルを回すわけなので、半自動くらいだと思います。

とはいえ、自動ドアも人が前に立たなければ開かないわけで、何かしら人間が手を加えていても自動という表現は間違っていないのかも知れません。

買って使ってみる

物は試しということで、買ってみました。

見た目はすごく、メカニカルな印象を受け、大きいですが重さは通常のテープ台と比べるとやや軽めです。写真では1つのみテープをセットしていますが、2つ同時にセットすることが可能です。また、自動部分とは別に、横側に手動で切るようの台も用意されています。

画像のようにクルクルと回して使います。通常のテープ台と違って、セットする際に粘着力がある方を上にして、歯車部分にセットするのでやや慣れが必要です。

刃が回転して、切っていく仕組みでよく考えたなーと感心します。

テープの長さは、3.5mmほどで固定されてしまうので、調整して使うことはできませんが、短く切りたい場合は、回転部分とは別の部分にテープをセットして通常の使い方と同じように使うこともできます。

テープの長さが合えばかなり便利かも

私の場合、3.5mmでは少し長すぎたため、結局自分で切って使っています。

とはいえ、長さが合えば一気にたくさんの切れ端を作ることができるので、オススメできます。自分がどのくらいの長さを使うのか? をしっかりと考えてから買うことをオススメします。

まとめ

  • 少し高い自動(手動)テープ台
  • 3.5mmの切れ端が簡単かつ大量に作れる
  • 用途が合えば、オススメできるが短めに使う場合は手で切った方が早いうえに、テープので節約になる。

ペンギンさんの一言

いつか使うと信じてとっておきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top