シェアする

【ARK:SE攻略】木材集めがはかどる恐竜紹介【PC/PS4/Xbox/モバイル】

8月末から、正式版となりますます勢いを増しているARKにて、木材集めがはかどる恐竜を紹介したいと思います。

「最高効率」と言えるかどうかは分かりませんが、テイミングのしやすさなども考慮に入れています。

【ARK:SE攻略】金属鉱石、石、火打ち石集めがはかどる恐竜紹介【PC/PS4/Xbox/モバイル】
木材集めに続き、石と火打ち石を集める際にテイムしておくと便利な恐竜を紹介したいと思います。 (DLCマップは対象外/ The Isla...
スポンサーリンク

木材集めに使える恐竜たち

ここでは、木材を採集する際にテイムすると便利な動物たちを紹介します。

自分自身が捕まえたことがある奴しか居ないので、他にもっと良いのがいるかも知れません。

(DLCマップは対象外/ The Islandのみ)

1.カストロイデス

デッカいビーバー、カストロイデスです。

カストロイデスは、木材の重量を半分で持つことができるため多くの木材を運搬することに長けています。また、サドルを付けてインベントリを開くと(動く)作業台としても利用することができます。

川の中にダムを作る習性があり、中には大量の木材とセメント、少量のレアフラワー/レアマッシュルーム/真珠が入っていることがあります。

基本的には無害だが、ダムを攻撃するか開くと敵対となるので注意が必要です。

ただ、(僕の思う)カストロイデスの弱点は、大量の木材を運べるものの、他の恐竜と比べると足がかなり遅いため、歩いて基地まで帰るのが面倒です。速さを求めるのならば、アルゲンタヴィスで運ぶのがベストだと思います。(カスみたいにトロイ デス。)

テイミング

テイミングは通常の昏睡テイミングです。食べ物はベリー系です。キブルを除いて、農作物が一番効率良いのでできれば用意しておきたいところですが、カツカツのテイミングというわけでもないので、あればで良いと思います。

先ほども書いたとおり、足の速さがそれほどでもないので麻酔を引きながら撃っていれば簡単にテイムできます。(自身の足の速さをある程度上げておくことをオススメします。)

ただし、水の中ではかなりその速度で移動してくるので、逃げ切ることは不可能です。また、そこそこの攻撃力を誇っているので、注意が必要です。

2.テリジノサウルス

お次は、かぎ爪くん。テリジノサウルスです。

比較的安全とされる、東~南の海岸付近に現れることもあるので、はじめたばかりの頃にお世話(逃げられない/倒せない)なった方も多いかと思います。

そんなテリジノサウルスですが、木材の採取のみならず、繊維、肉、皮、キチン、ベリーの採集性能もかなり優秀です。また、「パワー」と「デリケート」という特殊なステータスを持っており、「パワー」を上げることで、木材/わら/肉/皮の、「デリケート」を上げることで、キチン/ベリー/皮の採集量が増えます。基本的には、「パワー」極振りで良いでしょう。

ただし、採集効率の良さも相まって、木を数パンチするだけで重量がいっぱいになってしまうというデメリットがあります。

もしも、基地を木材で作る場合(PvE推奨/PvP非推奨)は、テリジノサウルスがいるだけで、「木材」「わら」「繊維」という必要な素材を集めることができるので、重量がいっぱいになったら、乗りながら作製し、また採集をしていれば重量の弱さを少しだけ補えます。(わらが不足しがちですが……。)

テイミング

カストロイデスと同じく、基本的な昏睡テイミングで、草食です。

ただし、昏睡が減る速度が少し早めなので、こまめに確認する必要性があります。また、時間が結構かかります。私は、テイム速度10倍のサーバーでやってるのですが、それでもまぁまぁ長いと感じるくらいです。(レベルにもよるけれど、1時間くらい?)

できれば、キブルを用意したいですが、メガロサウルスの卵が必要なので、結局のところそれを取りに行く労力を考えたら、普通に農作物を使っておけば良いと思います。(既にメスがいる or 拾ってきたならば、使わない手はないでしょう。)

3.マンモス

最後に、たまーにアロサウルスと集団戦をしていることがあるマンモス君です。

マンモスの最大の利点は、なんといってもその重量にあります。さらに木材とわらの重量を20%の重量で持つことができるため、大量の木材採集に最適です。

また、移動速度もそこそこ速く、攻撃範囲も広いため森の中へ入っての採集が効率的です。

戦闘能力もそこそこ高く、ノックバック攻撃を持っているため小さな恐竜であれば十分に対抗できます。1匹持っておいて損はないといえるでしょう。

マンモスの弱点……というよりも、弱点はテイミングの難しさにあると思います。マンモスの生息域は、北極地域で毛皮装備が必須となります。また、北極にはダイアウルフやアルゲンタヴィス、アロサウルスを率いたユウティラヌスなど、危険な肉食種が多数生息しています。そのため、周りの安全を確保しつつテイミングを行うのは至難の業と言えるでしょう。

テイミング

基本的な昏睡テイミングで、草食です。

上記の通り、周りの安全を確保することがかなり重要となるので、できれば時間がかからないキブルを用意したいです。ユタラプトルの卵のキブルが必要ですが、ユタラプトル(ラプター)のテイムは中級レベルだと思うので、マンモスを狙うのであれば大きな負担ではないと思います。簡易的なトラップなどを作れば、簡単にテイミングが可能です。

もちろん、マンモスをテイムするときもトラップを利用すると比較的簡単ですが、マンモス自体が大きいためそのサイズが収まるトラップとなるとかなりの資材が必要となります。また、昏睡時の体が壁から突き抜けてしまい、壁の外からダメージを受けることもあるので注意が必要です。

(マルチプレイでは、設置場所に注意し、設置後には解体するか誰でも使えるようにロック解除をしましょう。(PvE) PvPはわかりません……。)

まとめ

  • カストロイデス 優秀
  • テリジノサウルス 優秀
  • マンモス 最優秀

マンモスは、1基地に1体は欲しいレベルの超優秀なパートナーです。

ペンギンさんの一言

まんもすのついでにぺんぎんもていむしてね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top