シェアする

PaniPani-パラレルニクスパンドラナイト- 始めました。【感想とちょっとだけエーテル攻略】

※上記画像は、PaniPani公式HPのスクリーンショットです。

こんにちは。SeaSeaです。

先月28日に配信開始されるも、負荷うんぬんでiOS版は29日配信となったコロプラの新作スマートフォンゲーム、PaniPaniを9月30日から始めました。

というわけで、最新攻略情報を書いていこう……と思いましたが、ちょっとしたわけあって、単なる感想とかを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

非常によくできたスマホゲームでは?

まず一言。

普段、スマートフォンゲームをあまりやらない僕ですが、スマホゲームの中で一番好きです。

「スマートフォンゲームとかやるんだったら、普通にPCゲームやった方がいいわw クオリティが違いすぎるし、スマホゲーはポチポチでつまらないし、どれも同じようなことやってるイメージしかない。」と常々思っていた僕ですが、PaniPaniに関しては非常によくできているなーと感じました。

ガチャがないよ! スタミナがないよ!

まず、ガチャがない。敵を倒すことで“カプセル”“エーテル”がドロップして、一定上の”エーテル”が”カプセル”にたまると、アイテム/キャラ/ゲーム内通貨 をゲットする というPaniPani独自のシステムはものすごくよくできていると感じました。「イベント回ってガチャ石貯めて、ガチャガチャする」「ログボもらって、ガチャする」というスマホゲーあるあるなゲームループを脱していますが、うまいこと”課金”の要素も残しています。

現時点での課金要素は、“エーテル”を複数のカプセルに同時に貯められるようにするということがメインです。カプセル自体は、スタミナがないのでずっとできるし、敵を倒し続ければどんどん溜まっていくのですが、カプセルには”消費期限“があるうえに“拾った順番”で、”エーテル”が溜まっていく……。また、“カプセルを捨てる”ということができないのでレアカプセルがドロップしたとしても、その前に”いらないカプセル”が大量にあったら開けることはほぼ不可能です。スタミナという概念はないですが、効率的にやっていくためには定期的にゲームを終了する必要があるのです。

「まぁ今回はこんな感じでいいかな。次始めるのはカプセルがリセットされてからだから5時間後以降かな~」と終わりのタイミングと次の始まりのタイミングを同時に頭で考えて、ゲームが終わった後のスケジュールを決めるということになるので、忘れずに毎日やりやすいゲームだと思います。(艦これの遠征みたいな感じです。帰ってくるの○○時だし、艦娘のお風呂あと○○時間だからそれまでご飯食べてこよう みたいな)

このゲームバランスは、本当によくできていると思います。すごいです。素晴らしすぎると思います。

一部では、「カプセルとかいう変な仕様なんなの?」という声があるようですが、ガチャガチャゲーよりも、僕はこっちの方が好きです。

ゲーム内容はスマホ版メイプルといったところかな?

メイプルストーリーDS

こう言うと「いや、メイプルとは違うから」と言われそうですが、ゲームの全体的な印象はすごくメイプルに似ています。横スクロールアクションで、キャラごとに使用する武器やスキルが違います。マップの構造も似たような感じですが、PaniPaniの場合は各エリアごとのロードがなく、オープンワールド風になっています。もちろん、ファストトラベルもあります。

攻撃をしていけば、攻撃のスキルが上がり、採集をしていけば採集のスキルが上がるので、特に何も考えなくてもよく使うもののスキルレベルが上がってきます。もちろん、意図的にスキルを上げても良いですね。

“狩り場”に人が集まってひたすらに狩っている様は、メイプルを彷彿とさせます。また、ダンジョン攻略など友達と一緒に遊べる部分もあります。

まだまだリリース直後なので、メイプルの豊富な選択肢と比べてしまうと劣っていますが、今後サービスが続くにつれていろいろと追加されていくと思います。

また、コロプラが得意とする、スマートフォンゲームのアクション操作がPaniPaniでも存分に生かされています。今回はプニコンではないですが、プニコンに似た感じの操作感です。最初は少し慣れが必要ですが、しばらくすると慣れます。

スマートフォンゲームなので、どこで切断しても次に起動すればすぐにそこからやり直せるという点はかなりいいですね。いちいちログイン/ログアウトがないので、サクッと初めてサクッと終ることができます。その上でスタミナなしなので、定期的にやりたくなってしまいますね。

60FPS対応! ぬるぬる動くよ!

roegger / Pixabay

設定から、60FPSの高画質設定にすることができます! 60fps対応のスマホアクションゲームは他にやったことが無いので不思議な感じです。すごい滑らかに動きます。FPSが上がることで目にかかる負担を軽減することができる(と思う)ので、いい機能ですね。ただ、バッテリーの消費量が上がってしまうので、長時間のプレイには向かないですね。長時間プレイする場合は、充電しながら……となってしまいますがバッテリーにも良くないですね。

何で攻略かかないの?

攻略Wikiなどの他サイトで少しだけ話題となっていますが、「沸き効率の良い狩り場」が発見され、多くのプレイヤーが殺到した結果、「負荷対策」という名目で「沸きの修正」が入りました。まだ、修正されていない狩り場もいくつかありますが、攻略Wikiでも修正が怖くて情報提供を渋っているというのが現状です。コメントで書くと、「おい!修正されちまうじゃねえかぁ!」といわれてしまうのです。(半分冗談だと思いますが)

とはいえ、ここまで見てくれた人のために少しだけ書いておこうと思います。また、別記事でも少ししたらまとめようと思います。

今は場所までは明記しませんが、どのモンスターがいるのかを書いておきます。

エーテル集め一覧

  • ヤンチキ(にわとり)をひたすらに狩る
  • ケーン(おおかみ)とぷに(すらいむ)をひたすらに狩る
  • トードベビー(おたまじゃくし)を狩る(修正された?)
  • ヘヴィートル(かたいむし)をひたすら狩る
  • ヘドロン(へどろ)をひたすら狩る(超オススメポイント。斧で脳死連打でおk)
  • レッドケーンをひたすら狩る
  • レッドホーネット(赤いはち)をひたすらに弓で狩る
  • レッドヤンチキをひたすらに狩る
  • ブルーヤンチキをひたすらに狩る

ヘドロン狩りが個人的にはおすすめです。斧であれば、無敵で狩り続けることができるので体力が減らずに安定して狩り続けることができます。

まとめ

普段競技性の高いゲームばかりやっている僕からすると、Pay to Win(金で勝つ/課金前提/課金有利)のスマホゲームをやる価値があまり見いだせませんでしたが、PaniPaniに関しては課金してもいいかな と思いました。(面白いと思ったゲームには最低1000円くらいは課金する主義。ただでゲームなんてやってたら開発運営死んじゃいます。運営続けてほしいので課金します。)

また、攻略情報とかあったら書こうと思います!

ペンギンさんの一言

ぺんぎんさんは今のところ登場していません。(ヤンチキいっぱい)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top