シェアする

【ARK:SE攻略】原油を効率的かつ安全に採取するのにおすすめの場所まとめ【PC/PS4/Xbox/モバイル】

近代化して行くにつれて、原油や真珠は必要不可欠な素材となります。「原油は海の中にあるからなかなか取りに行けない!」なんて思っていませんか?

実は、原油は陸にも存在しており結構安全に採取することができます。

ただし、毛皮装備と空の移動手段の2つがほぼ必須のため、準備がまだの場合は以下の記事たちを参考にしてください!

*アークモバイル開始に伴い、文章の見直しを行いました。

スポンサーリンク

陸上の原油の見た目

陸上の原油は、主に北側に存在し少し縦長の黒い見た目をしています。結構大きめなので、すぐに分かると思います。

スポンサーリンク

準備

毛皮 鉄ピッケル

基本的に、毛皮と鉄ピッケルが必須となります。

黒い岩を、鉄ピッケルで殴ることで、原油を採取することができます。

アルゲンタヴィス ペラゴルニス
 

また、アルゲンタヴィスもいるとよいでしょう。いない場合はペラゴルニスがおすすめです。

この万能鳥は、他用途にも使えるので、ARKを攻略していくうえでテイムは必須といっても過言ではありません。

スポンサーリンク

原油採取におすすめの場所

原油の多くは、海の底にあり採取するのは困難です。そこでおすすめなのが、北側に存在する陸上の原油を採取することです。

毛皮装備や空を飛べる恐竜が必要となりますが、海に比べると難易度は低いです。

スポンサーリンク

1.北側の海岸

注意すべき恐竜

ダイアウルフ
 
よく居ます。居ないことを確認してから採取しましょう。
スポンサーリンク

連れて行きたい恐竜/用意したい道具

アルゲンタヴィス カワウソ 毛皮
北側まで行くのに必要です。居ない場合は、プテラノドンやペラゴルニスでもOKです。 居ると便利です。居ない場合は、うまく寒さを管理しましょう。 必須です。

基本的には空から安全を確認し、原油の近くに降りて採取して移動、採取して移動を繰り返します。ダイアウルフは小さいため、見落としがちなので気をつけましょう。

戦闘は極力避けるべきです。

2.北側の島々

注意すべき恐竜

特に居ません。海への落下を気をつけましょう。

スポンサーリンク

連れて行きたい恐竜/用意したい道具

アルゲンタヴィス カワウソ 毛皮
北側まで行くのに必要です。居ない場合は、プテラノドンやペラゴルニスでもOKです。 居ると便利です。居ない場合は、うまく寒さを管理しましょう。 必須です。

島々には、ペンギンのみが生息しているため安全に採取することができます。

海の中へ間違っても落ちないようにしましょう。メガロドンがかなり居るので生きて帰るのは困難です。

ついでに有機ポリマーを採取していくのがよいでしょう。

【ARK:SE攻略】ポリマーが必要なら有機ポリマーを集めよう!効率的に集めるためにオススメしたい場所【PC/PS4/Xbox/モバイル】
開拓を進めていく上で、かなりの量が必要となってくるのがポリマーです。 通常、黒曜石を加工してポリマーを作るのですが、黒曜石を集めるのはなか...
スポンサーリンク

序盤の原油採取について

序盤の原油採取は、三葉虫を狩るか近海にある原油を探しましょう。

周りに何もいなければ、素潜りでも取れるポイントはいくつか存在します。できれば、その近くに拠点を作るようにすると良いですね。(オンラインプレイでは、狙って建てることが多いです。)

スポンサーリンク

まとめ

  • 原油を陸地で採取するなら北側へ行こう!
    • 準備ができていればそんなに難易度は高くないぞ!

ペンギンさんの一言

ペンギン島がおすすめだよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top