Amazonでセール中のゲーミング周辺機器! >>
スポンサーリンク

【AzureDevOps】AzureDevOps Reposで、Git LFSを使用し、HTTP413エラーが出たときの解決方法

Web
この記事は約2分で読めます。

無制限で利用可能な、Azure Reposを利用して、バイナリファイルを扱いたいときに使用する「Git LFS」ですが、Pushした際に「http 413エラー」が出てしまうときの解決方法についてまとめてみました。

Azure DevOpsとは

Azure DevOpsとは、Microsoft社が提供している開発サポートサービスです。

Azure DevOps Services | Microsoft Azure
Azure DevOps Services (以前の Visual Studio Team Services) を利用して、よりスマートに計画を立て、より効率的に共同作業を行い、より迅速に公開しましょう。アジャイル ツールや CI/CD などを利用できます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

http413エラーの解決方法

Push(アップロード)時に、ファイルサイズが大きい場合に表示されるエラーとなります。
AzureDevOps Reposでは、ファイルサイズ制限がかかっており、ファイルサイズが5GB以上の場合は、Pushすることができなくなっています。

ただ、Git LFSについては対象外となっているため、GitLFSを使っていれば、基本的にHTTP413エラーになることはないはずです。

.gitattributes(LFSの対象リスト)にLFSで扱いたい拡張子が登録する

.gitattributesにGitLFSで扱いたい拡張子が登録されていないかもしれません。
テキストで開いて、Gitで扱いたい容量が大きめのファイル(.psdなど)が登録されているか?を確認しましょう。

もしくは、ターミナル(コマンドプロンプト)から登録する必要があります。

git lfs track "*.psd"

HTTP/1.1で通信するように設定する

Azure DevOps、Git LFSは、HTTP/1.1プロトコルを利用して通信するのですが、どうやらHTTP/1.1じゃない方法(多分HTTP/1.2)で通信をするとHTTP413エラーとなることがあるようです。

git config http.version HTTP/1.1

ターミナルから、上記のコマンドを打つことでhttpのバージョンをHTTP/1.1にするとPushできるようになるはずです。

※自分はこの方法で解決しました。

まとめ

Git LFSの設定がされているのであれば、

git config http.version HTTP/1.1

ターミナルから、上記のコマンドを打ち、httpのバージョンをHTTP/1.1にするとPushできるようになるはずです。

Amazonで最大2.5%の還元を受ける裏技を知っていますか?
意外と知られていないのですが、Amazonで買い物をする際、現金でAmazonギフト券をチャージして使うだけで、最大2.5%還元を受けられます!
Web
スポンサーリンク
SeaSeaをフォローする
スポンサーリンク
SeaSea!

コメント

タイトルとURLをコピーしました