シェアする

画像の読み込みを改善し、表示を高速化してくれるWordPressプラグイン「Lazy Load」が便利。

By: バイク便八王子立川所沢

ユーザビリティの向上には、画像の挿入が不可欠 といわれていますが、その画像が多くなってしまうと、読み込み時間がかかってしまい、かえってユーザビリティが低下してしまうことがあります。

サーバーの移転などで改善されることが多いですが、WordPressには便利なプラグインがたくさんあります。

今回の「Lazy Load」というプラグインは、画像の読み込みを遅延させることで、ページの読み込みを改善することが出来ます。

ページ読み込み時間とサーバー帯域幅を向上させるために画像を遅延読み込みする。画像は、ユーザーが見えるときにのみ読み込まれます。
スポンサーリンク

インストール

例のごとく、「プラグイン」、「新規追加」から「Lazy Load」で検索し、インストールしてください。もしくは、wordpress.orgからダウンロードし、FTP等でアップロードしてください。

使い方

ありません(笑) インストールして有効化した時点で、動作を開始します。

特に設定項目もありません。自動的に、画像の読み込みを遅延させてくれます。

使ってみての感想

テーマによっては、Lazy Loadが元から実装されている場合もありますが、有効化しただけでかなり改善されたと感じています。

とくに、記事一覧ページで複数のアイキャッチ画像が短い間に表示されるのですが、スクロールに合わせながら上から順に遅延させていくので、閲覧者からしても特に違和感ない点が良いですね。

ペンギンさんの一言

使い方が簡単だと、説明文もみじかくなっちゃう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top