シェアする

そのサイトがどんな方法で作られているのか? を特定するChrome/Firefox拡張機能「Wappalyzer」が便利。

By: Jo Naylor

サイトを作るときに「このサイトってどうやって作られているんだろう……?」と思ったことはありませんか?

現在のWeb制作には、HTML、PHP、CSS、Javascript等々様々な言語や WordPress等のアプリケーションが存在します。

「Wappalyzer」では、閲覧中のサイトがどのような言語/Framework等々で作られているか? を簡単に調べることが出来ます。

スポンサーリンク

ダウンロード/インストール

ダウンロード

Google Chrome

Identify web technologies

Fire Fox

ダウンロードページでは、ブックマークレットも用意されています。

使い方

僕は、Google Chromeを使用しているので拡張機能での使い方を説明します。

なにも表示しない状態で右上にこのようなマークが追加されていると思います。

調べたいサイトに移動すると、アイコンが変化し、主要なプログラムのアイコンへと変わります。当サイトの場合いろいろと表示されていますが、基本的にはWordPressですね。

それぞれをクリックすると、Wappalyzerのページへと移動し、「○○を使用して作られている主なサイト」を表示してくれます。

まとめ

右上に常に表示されているので、「このサイトすげえな~」と思ったときにサッと調べることが出来ますね。

GoogleChromeのデベロッパーツールで手動で調べる方法もありますが、Wappalyzerでは一瞬で表示してくれるので便利です。

ペンギンさんの一言

いろいろ見てみると、WordPressの人気さもよく分かるね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top