Amazonでセール中のゲーミング周辺機器! >>
スポンサーリンク

WordPressのビジュアルエディタを自由にカスタマイズし、使いやすくするプラグイン「TinyMCE Advanced」が便利。

WordPress
By: kanegen
この記事は約3分で読めます。

WordPress標準のビジュアルエディタ(Wysiwygエディタ)に満足していますか?

必要最低限度の機能は揃っていますが、「これもあったらいいのにな~」とか「あれもなったらな~」とか思ったことはありませんか?

そんな願いを叶えてくれるかもしれないプラグインが、「TinyMCE Advanced」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インストール

「プラグイン」→「新規追加」→「TinyMCE Advancedで検索」→「インストール/有効化」もしくは、Wordperss.orgよりダウンロードして、FTP等でアップロードしてください。

TinyMCE Advanced
Extends and enhances the block editor (Gutenberg) and the classic editor (TinyMCE).

使い方

Before

After

TinyMCE Advancedを使用することで、上記のように様々なボタンを自由に追加することが出来ます。

設定

「設定」→「TinyMCE Advanced」

設定画面はすべて日本語化されており、ボタンをドラッグ&ドロップで直感的に編集することが出来ます。お好みで編集してください。

 

また、設定のインポート/エクスポートにも対応しています。

「並び替えるのが面倒だな~」という方は、僕が使っている設定を下にエクスポートしておきますので、インポートしてください。

{"settings":{"toolbar_1":"formatselect,bold,italic,underline,blockquote,strikethrough,hr,bullist,numlist,alignleft,aligncenter,alignright,alignjustify,link,unlink,undo,redo","toolbar_2":"fontselect,fontsizeselect,outdent,indent,pastetext,removeformat,charmap,wp_more,forecolor,table,wp_help","toolbar_3":"","toolbar_4":"","options":"menubar,advlist","plugins":"table,advlist"},"admin_settings":{"disabled_editors":""}}

 

インポートは、設定画面の一番下にあります。

こんな感じになっていると思うので、上記のコードをコピペしてインポートボタンをクリックしましょう。

まとめ

他にもエディタを便利にするプラグインはありますが、これさえ導入しておけば困ることはほとんど無いですね。

とりあえず入れておいて損はないプラグインだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました