シェアする

WordPressのビジュアルエディタを自由にカスタマイズし、使いやすくするプラグイン「TinyMCE Advanced」が便利。

By: kanegen

WordPress標準のビジュアルエディタ(Wysiwygエディタ)に満足していますか?

必要最低限度の機能は揃っていますが、「これもあったらいいのにな~」とか「あれもなったらな~」とか思ったことはありませんか?

そんな願いを叶えてくれるかもしれないプラグインが、「TinyMCE Advanced」です。

スポンサーリンク

インストール

「プラグイン」→「新規追加」→「TinyMCE Advancedで検索」→「インストール/有効化」もしくは、Wordperss.orgよりダウンロードして、FTP等でアップロードしてください。

Extends and enhances the block editor (Gutenberg) and the classic editor (TinyMCE).

使い方

Before

After

TinyMCE Advancedを使用することで、上記のように様々なボタンを自由に追加することが出来ます。

設定

「設定」→「TinyMCE Advanced」

設定画面はすべて日本語化されており、ボタンをドラッグ&ドロップで直感的に編集することが出来ます。お好みで編集してください。

また、設定のインポート/エクスポートにも対応しています。

「並び替えるのが面倒だな~」という方は、僕が使っている設定を下にエクスポートしておきますので、インポートしてください。

インポートは、設定画面の一番下にあります。

こんな感じになっていると思うので、上記のコードをコピペしてインポートボタンをクリックしましょう。

まとめ

他にもエディタを便利にするプラグインはありますが、これさえ導入しておけば困ることはほとんど無いですね。

とりあえず入れておいて損はないプラグインだと思います。

ペンギンさんの一言

投稿画面を便利にすることで生産性も上がるね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top