シェアする

広告などをランダム表示/指定回数表示できるWordPressプラグイン「Ads by datafeedr.com」が便利。

rebeccaread / Pixabay

WordPressでブログをやっているほとんどの人が、広告表示を行っていると思いますが、「ランダムに表示したい!」「指定回数だけ表示したい!」と思ったことはありませんか?

そんなときに便利なのが、「Ads by datafeedr.com」です。

スポンサーリンク

インストール

「プラグイン」→「新規追加」→「Ads by datafeedr.comで検索」→「インストール/有効化」もしくは、Wordperss.orgよりダウンロードして、FTP等でアップロードしてください。

Add and display ads randomly on your blog. Sort ads randomly, limit the number of ads that appear, display ads in posts, widgets or template files.

使い方

設定編

有効化すると、固定ページの下に「Ads」という項目が追加されているので、これをクリックして開きます。

「All Ads」が開かれるので、「Add New Ad」を選択し、広告を追加します。

All Ads 広告一覧を表示する場所です。投稿一覧と同じですね。
Add New Ad 新しい広告を追加します。新規投稿と同じです。
Groups 広告のグループを管理します。投稿で言うカテゴリーです。

新規投稿のテキスト形式と同じ画面になります。

タイトルには、「ヘッダー用広告」等の自分が分かりやすい名前を付けましょう。

本文部分には、広告のソースのみを貼り付けます。

そして、表示分岐をすることができる、「Group」を選択/「Add New Group」します。

タイトル 分かりやすい名前をつけます(出力時に表示されません)
本文 広告ソースを記入します。
Group 出力時に使用します。(○○Groupをランダム表示 等)

オプションで、「開始日」と「終了日」を設定することが出来ます。

また、「Impression Limit」では、「広告の表示回数」を設定することが出来ます。

これらのオプションは、広告を直接契約して表示するときや、各バナー広告などに便利です。

Start Date 広告表示の開始日です。
End Date 広告表示の終了日です。
Impression Limit 広告の表示回数制限です。

ここまでは、広告の設定です。

表示をするには、出力文を表示したい場所に書く必要があります。

出力編

「設定」内の「Ads」に移動します。

General Settingsでは、「テキストウィジェットで、ショートコードを使えるようにするか?」と「Admin(管理人)が、広告を表示させたときも、広告を表示した回数をカウントするか?」を設定できます。

出力する方法は、「PHP形式」と「ショートコード形式」があります。

先ほどの設定で「ショートコードをテキストウィジェットで有効化する」というのがあるように、基本的にはショートコード形式にしましょう。

テーマ内に直接書く場合や、PHP等でいろいろと制御したい場合は、PHP形式にしましょう。

お好みでどうぞ。

Group はデフォルトで「All」になっていますが、「表示したいGroup」を選択することも出来ます。

僕は、カテゴリーごとに表示する広告を切り替えているので、カテゴリーごとや記事内容ごとにGroupを作成してあります。

「Number of Ads」は、表示する広告の数を制御します。基本的には、1~2程度に設定しましょう。

「Order By」では、表示するときの方式を選択できます。僕は、「Random」以外選択したことがないので、他についてはよく分かりません……。

What type ~ need ? PHP形式かショートコード形式のどちらかを選択します。
Group 表示するGroupを選択します。
Number of Ads 表示する広告の数を記入します。
Order By 「Ramdom」で、ランダム表示になります。

まとめ

このプラグインめちゃめちゃ便利です!

ウィジェットを条件分岐文で表示非表示を制御できるプラグインと、併用するとカテゴリーごとに表示する広告を制御できるので、「A8.net」や「もしもアフィリエイト」等の広告を興味のある訪問者に表示させることが出来るのです。

SeaSea!は雑記ブログであり、いろいろな記事を書くので「アニメ系」の記事に「Web系」の広告が表示されていても、訪問者からしたらほとんど興味がないのでクリック率がものすごく低くなってしまうのですが、それを回避出来るのです!

PHPの条件分岐と組み合わせると、かなり便利になります。

PHPをサイドバー(ウィジェット)で使用可能にするWordPressプラグイン「PHP Text Widget」が便利。
サイドバー(ウィジェット)で、PHPを使用したい! と思ったことはありませんか? PHPを使用すれば、条件分岐やその他様々なことが出来...

ペンギンさんの一言

条件分岐と組み合わせると、可能性がもっと広がるね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top