シェアする

ログイン時のIPアドレスを記録してくれるWordPressプラグイン「Crazy Bone (狂骨)」が不正ログイン対策に便利。

By: Terje Asphaug

WordPressでブログを運営して、有名になってくると「不正ログイン」というものも増えてきます。

ログインページを変えることが効果的と言われていますが、ログイン時のIPアドレスを記録することも大事です。

「Crazy Bone (狂骨)」では、ログイン/ログインエラー時のIPアドレスを記録してくれます。

スポンサーリンク

インストール

「プラグイン」→「新規追加」→「Crazy Boneで検索」→「インストール/有効化」もしくは、Wordperss.orgよりダウンロードして、FTP等でアップロードしてください。

Tracks user name, time of login, IP address and browser user agent.

使い方

インストールするだけでOKです。

自動的に、ログイン/ログインエラー時のIPアドレスを記録してくれます。

また、前回のログインと今回のログインのIPアドレスが違う場合、

ログイン履歴を見る

ユーザーの最下部に、「ログイン履歴」というものが追加されているのでクリックします。

このような画面で、日時/ステータス/IPアドレス/ユーザーエージェント/エラー を確認することが出来ます。

他プラグイン等を利用して、身に覚えのないIPアドレスによるアクセスを拒否する設定にすれば、アタックを防ぐことも出来ますね。

まとめ

常日頃から、どれだけの攻撃を受けているのか? を見ることが出来るのは良いですね。

サイトを運営していく上で、セキュリティ対策は重要になってきますから、攻撃数を知ることで意識を保つことが出来ます。

ペンギンさんの一言

サイト運営していく上でセキュリティ対策は大事だね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Top